赤ちゃんがかかりやすい知っておきたい6つの病気とは

我が家の息子は4カ月になりましたが、とりあえず今のところは風邪も引かず元気に過ごしています。

乳児湿疹が少し出たくらいですね。このまま風邪も引かず過ごして行ければ・・・と思うのですが、男の子は体が弱い、とよく耳にするのでウチも大丈夫かなぁと心配になります。

赤ちゃんが風邪や感染症にかかれば大変ですよね。ママもパパもアタフタしちゃうかもしれません。また幼稚園・保育園などの集団生活の場では、最も感染しやすいと言われています。

そこで今回は、赤ちゃんがかかりやすい病気についてまとめました。

赤ちゃんがかかりやすい病気とは

基本的に赤ちゃんは生まれてくるときにママから免疫をもらうおかげで、生後6カ月くらいまでは風邪は引かないと言われています。免疫がだんだんとなくなってくると、風邪や感染症を引き起こしやすくなってしまうのです。

突発性発疹

6カ月前後に生まれて初めて高熱を出したときには、この可能性が高いと言われています。突然38度以上の熱が出て3~4日続き、熱があるにもかかわらず元気なのが特徴です。熱が下がると同時に全身に赤い発疹が現れ、発疹は2日ほどで消え、自然と治ります。

感染性胃腸炎

乳児に最も多く見られる胃腸炎は「ロタウィルス胃腸炎」で、生後3カ月からかかることもあります。
流行期は短いものの、重症化しやすいのが特徴です。このロタウィルスはワクチンで防ぐことができます。

中耳炎

生後6カ月~6歳までに多く見られ、主な原因は風邪のウィルスや細菌が入り、耳管を通って粘膜に感染し炎症を起こします。黄色い鼻水が出た時は注意し、風邪から中耳炎になケースが多くあります。

RSウィルス感染症

呼吸器感染症と言われ、冬季に流行します。乳児の半数以上が1歳までにかかり、2歳までにはほぼ100%の乳児が感染します。

4~5日間潜伏し、鼻水、咳、発熱が見られます。多くは軽症で済みますが、咳がひどくなったり、喘鳴が出る、呼吸困難となるなど、重症化する場合もあります。乳幼児の再感染の発症がよく見られますが軽症で済みます。

熱性けいれん

はしかや突発性発疹などの感染症にかかって、熱が上がりかけたときによく見られます。けいれんの発作は1~3分程度で、生後3カ月~3歳に多く、6歳を過ぎるとほとんど見られません。

一度しか起こさない子もいれば、発熱の度にけいれんを起こす子もいます。熱性けいれんが起こった時は慌ててしまいますが、大声で名前を呼んだり、体を揺すってはいけません。

また、口の中にスプーンや割り箸、指をいれるのは危険なのでやめましょう。やるべきことは、

1)衣服を緩め、顔は横向きに

2)けいれんの時間をはかる

3)熱をはかる

4)けいれんの様子を見る

5)おさまったら全身状態をチェック

を必ず行いましょう。

百日咳

生後~1歳頃までにかかりやすく、鼻水、咳から始まります。咳が出始めて3週間くらい経つとコンコンという咳が長く続きます。しつこい咳の後にヒューと音を立てることもあります。

まとめ

上記のようなものが主に1歳までにかかりやすい病気です。これらの病気の他にも季節によって流行する病気もあり、まだまだ知っておかなくてはいけない病気はたくさんあります。


なんにせよ、赤ちゃんも風邪や感染症などにかかってしまうのは仕方ありませんが一番は予防することが大事です。

病気にかかってもパパママは慌てずに様子を確認し、自己判断ではなく、きちんと病院で診てもらうことが大事ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>